中国国慶節連休始まる大勢の観光客が日本に、7億人向けアリペイは集客イベント実施中です。

2017 年 10 月 02 日

中国の国慶節(建国記念日)の大型連休が1日に始まり、今年は伝統的な祝日、中秋節(10月4日)が重なったため、例年より1日長い8連休。海外には過去最高の延べ600万人余りが出掛けると見込まれ、北京国際空港にはスーツケースを抱えた人たちの長い列ができた。

中国では団体旅行を一部規制する動きがある一方、日本は人気渡航先の2位に浮上。日本国内の観光業界も需要取り込みに向けたサービスに力を入れている。その中中国の大手会社アリババの日本支社はアリペイ決済導入された店に集客イベントを行っております。


観光客は日本で買い物する場合アリペイで決済すると最大15%OFFとなります。最大50元、約900円の割りがもらえる。

アリペイ集客イベント

アリペイ集客イベント

その割引は何回も利用できるから、観光客はすごく快適、楽しく買い物できました。
以下は中国のネット上で観光客の声が話題になります。


赤い枠には日本で買い物した観光客がネット上でのつぶやきです。

「国慶節はアリペイを利用して、割引券、代金券などたくさんあって、楽しかった。それにより、WECHATペイの割引券はめんどくさかった、アリペイよりはすごく弱かった。」

アリペイ集客イベント


実際に弊社の加盟店で買い物してみました。118円の物を買って1元、約15円ぐらいの割引をされました。安くなったらお客様がうれしいですね。



アリペイ集客イベントアリペイ集客イベント





こういった集客イベントは、集客意識高い日本の大手企業は特にアリペイを利用して集客効果を高めた。


アリペイ集客イベントアリペイ集客イベント